1 2 3 4 5
お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告4.6(木)

○日ごと暖かくなり、今朝は今にも蕾の桜が開花しそうな、そんな気温上昇の朝です。
○2~3か所、この産業集積地からプレハブが撤去され、周りが広々となりました。今まで、昼時は駐車場が車でいっぱいでしたが、余裕が出来ています。
○ボランティア、視察の方々の来町がいかに減ったか。震災から丸6年、町民が自力で頑張る時期を迎えていることと思います。
○役場職員の方。避難所で私と5か月ご一緒でした。懐かしい!
○大ヶ口から女性のお客様。近くの災害住宅にいらっしゃるお母様を訪ねての帰りに立ち寄られました。いつもゆっくりお話しして行かれます。お若いのに働いていなくていつも猫と遊んでいる…。のんびりゆっくり、そんな人生も良いかも。
○それぞれの仮設住宅が集約になってきて残っていらっしゃる住人も少ない軒数になって来ました。何か所かに集約する計画はあるのですが、やはり住み慣れたマイホームから離れることに少々戸惑う気持ちもあるのでしょう。また、所得に応じた家賃発生もなかなかスムーズに受け入れられる人ばかりではないと思います。写真は大槌町の仮設住宅です。

お嬢(佐藤悦子スタッフ)の大槌町現地報告4.6(木)(1)
 
お問い合わせ
会員募集のお知らせ
sen